DVD講義を深く知る!

DVD講義を利用するには、深く知る必要があります。
DVD講義なら何でも良いというわけではありません。
中には粗悪品とまではいいませんが、それに近いようなDVD講義もあります

現在では、様々な教材販売業者、通信講座や通学講座などがDVD講義を提供していますが、
本質的なことを伝えておりません。
まずは、そこを理解してください。

皆さんは、DVD講義を選ぶ際に何を重要視するでしょうか?
たぶん、講義のわかりやすさや講師の実績だと思います。

ですがちょっと待って下さい。
そんなことでDVD講義の良さを判断できるでしょうか。

まず、講義のわかりやすさというのは確かめようないはずです。
今は、ホームページ上で数分間講義を聞くことができますが、そんな短い時間で
素人が講義の良さを判断できるわけがありません。

私も様々な講義を聞いて簿記や行政書士などの勉強をしましたが、
講義の良さを知るためには何時間も勉強してはじめてわかることです。
その数分で判断できるとしたら、何十年も講師をしているプロだけです。

次に講師の実績にしても、インターネット上なら何とでも言えます。
何千人もの受験者を指導した、何百人も合格者を輩出した、税理士や公認会計士の資格を持っているなど色々うたっていますが、それは選ぶ基準にはなりません。

例えば、大手の予備校に勤めていれば、必然と多くの受験者を指導することになりますし、
本当に数百人合格者を輩出したとしても、何万も指導した中の数百人なら、決して多くありません。
また、難易度の高い資格を持っているからといって、講義がうまいとも限らないはずです。
つまり、ものはいいようだということです。

ではDVD講義を選びためには何を基準にしたら良いのでしょうか?
それは、ズバリ映像の質です。
もっとわかりやすく言えばハイビジョン撮影しているかということです。

DVD講義の場合は、テレビ番組のように背景が変わらないので、ずっと見ていれば目が疲れ、
どうしても眠くなってしまいます。
DVD講義を見ることで眠くなるのだったら、見るだけ無駄という事になります。
これがDVD講義の欠点です。

それを解決する方法が、専用の撮影スタジオを利用して、プロのカメラマンが数台のカメラを使い、ハイビジョン撮影するしかないのです。

ですが、DVD講義を提供している会社のホームページで、このようなことを書いているところは、
極わずかです。
なぜなら、何処の会社もハイビジョン撮影していないのと下手をすれば
そんなことすら知らない恐れがあるからです。

ようするに、DVD講義を選ぶポイントいうのは、ハイビジョン撮影した臨場感のある
講義だということです。
逆にそこまで、撮影方法に気を使っているところは講義の質も必ず高いはずです。

ここで説明したことはDVD講義の肝になりますので、忘れずにいて下さい。

ハイビジョン撮影したDVD講義やその他の教材一式揃えたいあなたはココ